生井俊の目線。

ikui.exblog.jp
ブログトップ

福岡大学病院での講演。

東京が雪予報。福岡、夜からの講演だったため、当日移動でスケジュールを組んでいたが、万全を期して前泊に切り替えた。小心者か、1月14日の大雪の後遺症か、はたまたリスクマネジメントがしっかりしていると言うべきか。

日が変わってみると、結局、東京は雨。つまり、宿泊交通費が余計にかかっただけだったが、そんなことはどうでもいい。講演の日に、現地にたどり着けないことほど、こわいものはない。たどり着けないなりに、どうにかしてくれるのだろうけど、それではあまりにも無責任すぎるとつい考えてしまう。やはり、小心者なのか。

f0081293_2203967.jpg


前泊したため、うどん屋の「かろのうろん」に出かける時間が取れた。ゆったりとした気持ちで、福岡大学病院のみなさまと向き合えそうだ。

多くの人は、全国各地で講演していると「あちこち行けていいですね」とうらやましがるが、実は観光する時間はほとんどない。ギリギリの時間まで、スライドを変えたり、ネタを考えていたりする。だから、講演が終わるとようやくアルコールを口にして、締めすぎたねじをゆるめる。まあ、日頃ゆるみっぱなしだから、締めすぎぐらいがちょうどいいのかもしれないが。

テーマは「ディズニーに学ぶ 人が輝く職場づくり」。入ってビックリ、ピッカピカの素晴らしいホールだ。ビバ、福大メディカホール! 音響や照明もうまく調整してくださり、ちょっとスゴイ人になってしまったかのように感じる。いやいや、それは違う、錯覚だ。そんなホールの魔法にかかりながら、講演が始まる。医師はもちろん、看護協会や近隣の病院からの参加もあり、最終的に200名を超えた。

f0081293_2593259.jpg


職場づくりがテーマだが、看護師の意識が高く、ファーストコンタクトからあたたかな職場だと感じた。講演中も、ボクのくだらないギャグにも笑ってくださり、反応の良さにびっくりする。そこはものすごく大切なことで、上から押さえつけられている職場や若手の研修の場合、笑う余裕がなかったり、そこで笑っていいのかなど、空気を読み合ってしまうのだ。いやいや、空気を読み合うことなかれ。研修はあなたのための時間、あなた(看護師)が主役なのだ。好きなように聞き、気づきが得られて、行動が変わるといいなと思っている。

終演後、書籍へのサインペースが遅く、どう早くするかが課題。控え室にあったお茶菓子まで包んでいただき、甘党なボクは大いにうれしかった。福岡大学病院みたいに、最近はスラッとした看護部長が増えてますね。貫禄よりも、自分が健康でいられるのが一番ですよ!
[PR]
by ikushun | 2013-02-28 02:12 | 仕事 | Comments(0)

著書『高校生でもプロ意識が生まれる ディズニーランド 3つの教育コンセプト』『本当にあった ホテルの素敵なサービス物語』ほか。連絡先:ikuishun@gmail.com


by ikushun