生井俊の目線。

ikui.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:IT( 2 )

光回線(FTTH)で、NTT東日本の「ひかり電話」(Bフレッツ)を使っている。
たまに、ファームウエアをバージョンアップする必要があり。
そのやり方を毎回忘れてしまうので、リマインダとして記す。

受話器を持ち上げたときに、
いつもの「ツー」(「プー」)という音の前に、
「ピーピーピーピー」(「プープープープー」)と高めの音が4回聞こえる場合。
→ファームウエアのバージョンアップが必要。

<解消方法(バージョンアップ方法)>
1、通話状態から「*」「*」「*」「1」「1」(***11)とプッシュ。
2、成功したら 「ププ」という音が(繰り返し)返ってくるので、そのまま電話を切る。
3、3分待つ。どうせなら、カップラーメンでも作ってみる。


※成功すれば「ピーピーピーピー」がならなくなる。
※バージョンアップ中(約3分間)は、ネットもつながらない。

ファームウエアとは、通信機器に入っているソフトウエアのこと。むかしの電話機と違って、障害対応(いわば製品不良、バグ)の修正や最新の機能をネットワーク経由で送信し、追加修正することができるため、このような対応<バージョンアップ>が必要になる。
[PR]
by ikushun | 2007-12-22 18:34 | IT | Comments(0)
RDC-7Sの音声データを変換してみた

リコーのRDC-7Sというデジタルカメラを利用している。
このカメラには、WAVE形式で音声を記録するモードがあり、
取材の時にはデジタルレコーダーとして大活躍している。
しかし、このWAVE形式がかなりくせ者なのだ。

Windows Media Playerでは再生できるのだが、
WAVEファイルの再生スピードを変えたりできるフリーウェアを使うと
なぜか再生できなかったりということがあった。

先日、テープ起こしの人へ音声データを渡す際、
WAVE形式ではなく、MP3へ変換して送って欲しいといわれた。
「午後のこ~だ」などの変換ソフトを利用するが、うまくいかない。
フリーウェアで再生できなかったことを思い出し、
WAVE形式でも、何か特殊な形式を採用しているのではないかという思いに至った。

プロパティを見ると、
オーディオサンプルレート 8000Hz
オーディオ形式 CCITT u-Law
とある。
ん、CCITT u-Lawってなんだ? 著作権で保護されていることか、
などと余計なことを勘ぐってみたりもした。

結局、あとあと分かったのは、ほとんどのフリーウェアでは
CCITT u-Lawのデータが開けないという事実。一度同じWAVE形式でも
PCMへ変換する必要があるようだ。

今回はspwave Version 0.6.8-3でPCMへ変え、
AudioEncoder 2.04dでMP3へエンコードしました。

リコーのデジカメユーザーで、MP3のエンコードに困ったら
ぜひ試してみてほしい。それぞれの作者に感謝!

spwave
http://www.itakura.nuee.nagoya-u.ac.jp/people/banno/spLibs/spwave/index-j.html

AudioEncoder 2.04d
http://kazuki.s18.xrea.com/
[PR]
by ikushun | 2006-02-28 11:02 | IT | Comments(0)

著書『高校生でもプロ意識が生まれる ディズニーランド 3つの教育コンセプト』『本当にあった ホテルの素敵なサービス物語』ほか。連絡先:ikuishun@gmail.com


by ikushun