生井俊の目線。

ikui.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

執筆家・生井俊(ボク)に寄せられる、よくある質問をまとめてみました。

「どうやってライターになれますか」
ボクの場合は、雑誌の読者コーナーへの投稿から、
雑誌の記事を手がけるようになりました。

ライターになるためには、資格が必要なのではありませんから、
私はライターです、と宣言すればいいと思います。
あとは、度胸です。


「どうやって営業をかければいいですか」
ボクは、小学校5年で最初の雑誌に関わって以来、
紹介で仕事がまわってきています。

営業をかけた時期もありますが、
飛び込みということは一切せず、
人に頼んで紹介してもらうか、雑誌のライター募集記事で応募したものです。

業界的に、ライターを名乗る人はたくさんいますが、
発注者の希望通りに文章を書ける人は不足していますから、チャンスは多いと思います。


「文章の書き方がわかりません」
「文章教室や人に言っていることが違って困っています」

百人が百人、一億人が一億人、同じこといってたら、同じことを考えていたら、
気持ちわるいと思いませんか?

「文体の統一」とか、
「専門性」とか、
「うそがないこと」とか、
「はじめにキャッチなことを書く」とか、
「結論は始めに書け」とか、
個人的にはどうだっていいことだと思います。

ただ、受け手に読んでもらうために文を書くのであれば、
その人のやり方に合わせてあげるのが親切かもしれません。
文章を書くのはあなたですが、
それを依頼し、購入し、読んだり、役立てたりする相手がいてのことですから。


「単行本を出すと儲かりますか?」
100万部売れれば、もうかるんじゃないでしょうか。
ボクの本で、初版5000部で、最終的に1万5000部刷ったものがあります。
「臨時ボーナスがでた感じ」ではありましたが、儲かった気はしませんでした。
それよりも、「自分を知ってもらう営業ツール」としての本という意味が大きいです。


「自分の文章を分かってくれる人がいません」
ライターに求められているのは、そこではありません。
自分の文章を、という方は作家を目指すべきでしょう。


「ライターの一日を教えてください」
「仕事は大変ですか」

基本的に、仕事がなければ、ヒマです。
仕事があれば忙しいです。
それは、どこの業界、業態、業種でもかわらないと思います。


「年収はいくらですか」
「今までで一番ギャラがよかった仕事はなんですか」


年収は、物書きだけで食べること、家族を養うことはできています。
ギャラの件ですが、金額の大小なのか、労力の割に良かったということか、
それとも何かと比較してなのかがわからないので、なんとも。


続く、か?
[PR]
by ikushun | 2006-06-30 10:10 | 自己紹介 | Comments(0)

とほほ。

f0081293_1315636.jpg

知らない町で途方にくれる。鵜の木。
[PR]
by ikushun | 2006-06-28 13:15 | 趣味 | Comments(1)

さらば。

f0081293_1457199.jpg

武蔵小山はもうすぐ地下化ですね。

東急目黒線武蔵小山駅(地上)。地下化に伴い、2006年9月から急行停車駅。
[PR]
by ikushun | 2006-06-26 14:57 | 趣味 | Comments(0)

不動前。

f0081293_0395468.jpg

東急目黒線の地下化で、電車がこの坂を降りてくる光景も7月に見られなくなる。

東急目黒線不動前駅(地上高架駅。武蔵小山寄りで坂道を上る)。
[PR]
by ikushun | 2006-06-20 00:39 | 趣味 | Comments(0)

三田。

f0081293_11162343.jpg

彼らカンガルーは麻布十番に飼われてました。

ワールドカップオーストラリア戦を前に。三田のオーストラリア大使館前。
[PR]
by ikushun | 2006-06-12 11:16 | 趣味 | Comments(0)

貸切。

f0081293_17535319.jpg

ガラガラ。

ディズニーリゾートライン。
[PR]
by ikushun | 2006-06-08 17:53 | 趣味 | Comments(0)

押す。

f0081293_218554.jpg

バスのとまりますボタン、押す派? 押さない派?

ボクは速攻押します。というわけで。
東急バス車内にて。
[PR]
by ikushun | 2006-06-02 21:08 | 趣味 | Comments(0)

著書『高校生でもプロ意識が生まれる ディズニーランド 3つの教育コンセプト』『本当にあった ホテルの素敵なサービス物語』ほか。連絡先:ikuishun@gmail.com


by ikushun