生井俊の目線。

ikui.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ありがとうございます。
ディズニーランドの従業員教育、CSについての講演をお考えの方は、こちらのページをご参照ください。
------

(以下、終了しました)
2008年11月29日(土)、東京・錦糸町で講演をします。
12月7日(日)、京都・木屋町でお話会を開催します。

まず、11月29日のご案内から。


(主宰者のホスピタリティ・コーディネータ、大内央氏から)
11月も後半戦。
そして今年も残すは12月のみ。
有意義に過ごしていきたいですね!!

ということで、
11月最後の土曜日はホスピタリティコミュニティカレッジの開催日です。土曜日の午後をホスピタリティを学ぶ時間にあててみてはいかがでしょうか?

講師は生井俊氏。
2年前の時よりはパワーアップしているはず。
期待していいでしょう。

ということで、
今回もホスピタリティを学び、実践する上でのヒントがあるはずです。
貴重な時間ですが、ぜひご参加いただければと思います。
ご不明な点があれば連絡ください。

では、詳細です。
●コース:HCC2008年11月 

●テーマ:「ディズニーランドまた行きたくなる7つの秘密~なぜか心をつかまれる「仕組み」と「仕掛け」~」
   
●講師:生井 俊氏
【講師プロフィール】
生井 俊(http://ikui.exblog.jp/)
作家。1975年生まれ、東京都出身。
小学5年生の時、『ファミコン必勝本』(現・宝島社)でライターデビュー。
高校時代、東京ディズニーランドでエレクトリカルパレードの運営をサポートするキャスト(従業員)を経験。
ディズニーランドが大切にする「笑顔」と、ゲスト(お客様)にハピネスを提供するホスピタリティあふれるサービスを体得する。
大学時代、国内初の交換留学制度を利用し、京都・同志社大学へ「留学」。
早稲田大学第一文学部卒業後、株式会社リコーに入社。
お客様満足度(CS)ナンバーワン企業ならではの、すぐに対応し好感度・信頼度を高めるサービス哲学を学ぶ。
ITソリューション営業として仙台支店(現・リコー東北)配属。
リコー退社後、都立高校の育休代替教諭として教育現場に携わる。
国語科とよく間違われるが、実は英語科に所属。現在、ディズニーランドとホテルのサービスを語る作家として活動中。


●日 時:2008/11/29(土) 13:30~16:00(13:15受付開始)
     
●会 場:すみだ産業会館9階会議室(JR錦糸町駅南口 丸井の上です)
     東京都墨田区江東橋3丁目9番10(TEL.03-3635-4351)
     http://www.sumidasangyokaikan.jp/info/index.html

●参加費: 5,000円(税込・書籍付) 
     
     ※ 事前振込となります※開催3日前の入金まで   
     ※ 参加費には書籍代、講師謝礼を含みます。
     ※ お振込みいただきました費用につきましては、
       不参加の場合でもお返しいたしかねますのでご了承ください。

●申込み方法:
 下記申込フォームにて必要項目にご記入下さい。
 後程、主催者よりご案内メールをお送りいたします。
 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P75625624

●定 員:30名 ※定員に達し次第締め切ります。

●お問合せ・お申込み:HCC運営事務局
株式会社タイ・コーポレーション/担当:大内



京都でも、お話会(第3回)を予定しています。
30分程度、ディズニーランドのCSと笑顔の秘密についてお話しし、集まったメンバーで食事を楽しむ会です。関西圏の方は、ぜひこちらへどうぞ!

12月7日(日) 20:00~22:00
京都・木屋町通四条上るきぬたビル2階 半分庵にて
参加費:5,000円(書籍・食事付、税込)
※自主企画です。参加申し込みは生井へ直接お願いします。
生井俊事務所
ikuishun@gmail.com



楽しく、気づきの多い時間にしたいと考えています。
ぜひ、ご参加ください。
お会いできることを楽しみにしております。
[PR]
by ikushun | 2008-11-26 15:19 | 仕事 | Comments(0)
f0081293_20314336.jpg

経営者やマネージャー向けの研修で、
ディズニーランドの強さはよくいわれるようなマニュアルになく、
「外資系のような仕組みと、工場のラインのように「みえる化」していることにある」
と話をしている。

それを、日本BPM協会事務局の横川省三さんと立ち話していたら、
「それって、ダイヤだよね」と簡潔にまとめてくれた。

なるほど。
ダイヤ。
これからこの言葉、使わせていただきます!

写真は、神谷町駅にて、2年前のサイトのリニューアルを担当した会社の広告。
以前より目にすることが多くなったので、順調なのだろう。
[PR]
by ikushun | 2008-11-20 20:31 | 趣味 | Comments(0)
きょう、11月18日は、ミッキー、ミニーが1928年に「蒸気船ウィリー」でスクリーンデビューして80周年の記念日。

お誕生日おめでとう!

ミッキー、ミニーが80歳というのも驚きだけど、80年前にスクリーンに登場した一匹のネズミが、世界を席巻し、今では多くの人たちに魔法をかけ、魅了するキャラクターに成長したのはもっとスゴイ。

東京ディズニーランド25周年。ミッキーやディズニーキャラクターたちに魔法をかけられ、共鳴したボク。それが、キャスト経験に結び付き、自分自身が成長し、二冊の本を書くエネルギーへと昇華した。ミッキー、ミニーには感謝してもしきれないのだ。

今月11日に新刊『ディズニーランド「また行きたくなる」7つの秘密』(こう書房)を出せたこと、本日18日は、サクラ産業さん主催、タカラベルモントさん協賛のイベントで、「ディズニーランドとホテルの教育の秘密」について講演できたのも、奇縁だと感じている。

この素晴らしい一日を一緒に分かち合ってくださった美容師のみなさん、この場を用意し応援してくださったスタッフのみなさんに、改めて感謝、感謝、感謝!

ミッキー、ミニー、お誕生日おめでとう。
では、誕生日に合わせて、午後だけど11時18分に乾杯!
[PR]
by ikushun | 2008-11-18 23:18 | 感動 | Comments(0)

講演前。

f0081293_13571838.jpg

f0081293_13571887.jpg

講演前って、いつも胸がドキドキ。
控室から中継です。

今日は美容師250人が来てくださってます。
高校での講演をのぞいては、久しぶりに大人数です。
楽しんでくださるといいなあ!
[PR]
by ikushun | 2008-11-18 13:57 | 仕事 | Comments(0)

感動経営コンサルタント臥龍さん発行の【感動経営のマジック】、
【社長のビタミン・一日一語】をお読みのみなさん、こんにちは。

作家の生井 俊(いくい しゅん)と申します。

ご興味を持ってくださったこと、
メールマガジンからアクセスしてくだったこと、
感謝します。

メルマガの紹介にちょっと照れながら、
新刊についてご案内させていただきます。

東京ディズニーランド25周年の年の、
ミッキーマウス誕生80年を祝う今月、
ディズニーランドの「こだわり」と強さの秘密に迫った本を発売しました!

ディズニーランド「また行きたくなる」7つの秘密―なぜか心をつかまれる「仕組み」と「仕掛け」


↑リンク先は楽天↑
f0081293_17455730.jpg

(生井 俊著・こう書房刊、1470円)




この本では「音楽」や「心理学」など、
7つのキーワードからディズニーランドのリピーター戦略を紐解きます。

その1つで、ディズニーランドならではの対応といいましょうか、
キャストが大切にしている「秘話」を取り上げています。

それを鳥取が主力の「日本海新聞」コラムで「思わず目頭が熱くなった」と紹介いただき、
ディズニーの魔法や言葉がきちんと届いたことがうれしかったり。

ぜひ、ディズニーランドのこだわりや素敵な話を、
臥龍さんのお話や言葉が好きな方に、一人でも多くの人に届けたく、ご案内差し上げました。

一部ネット書店、品切れで、すみません。
そんなときは、大型書店へ足を運んでくださると嬉しいです。
●ディズニーランドのこだわりとリピーター戦略を7つのキーワードから解き明かす!
ディズニーランド「また行きたくなる」7つの秘密―なぜか心をつかまれる「仕組み」と「仕掛け」(こちらのリンク先は、amazon)
ご一読くだされば、幸いです。



ディズニーランドでのアルバイト経験をもとに、
「現場視点でわかりやすく教育を語った本」として、
ディズニーランドが大切にする「コンセプト教育」の魔法(こう書房・1260円、リンク先amazon)も好評(現在7刷)です。


どうぞ、応援よろしくお願い申し上げます。



なお、社内研修などで10冊以上をお求めの方は、生井まで直接お申し付けください。
冊数に応じて割引いたします。
また、その際はサイン入れなどの要望にも応じます。
くわしくは、生井俊事務所、
ikuishun@gmail.com
まで。



2009年11月29日(土) 出版記念講演会 in ホスピタリティ・コミュニティ・カレッジ
13時30分~ 東京・錦糸町駅南口正面「丸井」の上、すみだ産業会館で開催。
詳細は、主宰者の案内フォーム、またはmixiの「ホスピタリティ」コミュニティをご覧ください。



内容紹介
今から25年前の1983年4月15日。夢と魔法の王国「東京ディズニーランド」が開業し、アメリカ以外にディズニーのテーマパークができた歴史的な日となりました。

日本初の「テーマパーク」と銘打ったディズニーランド。
四半世紀以上にわたり愛され続けているこの場所は、ディズニーシーの入場者数とあわせ、のべ4億3000万人(*2008年4月発表)もの人が訪れています。業績は好調で、入園者の9割以上が複数回来たことがあるリピーターです。

一方で、後発のテーマパークはどうも調子がよくありません。
ディズニーランドを調査して施設をつくってみたものの、「テーマ」にうまく魂を込めることができなかったのでしょう。人気映画やキャラクターを持つ関西の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」をのぞき、ほとんどが閉園や規模を縮小へ。その間も、ディズニーランドをはじめとするディズニーリゾートは飽きられず、人気を独占しています。

なぜ、ディズニーランドだけが飽きられず、お客様(ゲスト)の心をつかむのか。
この本では、何度もリピートしたくなるディズニーランドの「秘密」を、「こだわり」「音」「変化」「教育」「心理」「マーケティング」「秘話」という「7つの視点」から解き明かします。そこから、「ディズニーランドに来たゲストがリピーターになる理由」をつかんでほしいと考えています。

最高水準にあるといわれるディズニーランドのサービス。その優れた仕組みをどうつくりあげていったのか、そして、その強みはどこにあるのか――。それを、自分自身のキャスト経験と、関係者へのインタビューなどもふまえて考察しました。
これらはきっと、あなたが携わる仕事でも「相手の先を読み、期待を超える、プレミア感のあるサービス」を生み出すヒントとして、活用できることでしょう。

開業25周年の合い言葉は「夢よ、ひらけ。」です。
ぜひ、ディズニーランドが大切にするサービスマインドを理解して、実践し、自分の夢に役立てていただければ幸いです。


生井 俊について
作家。1975年生まれ、東京都出身。
小学5年生の時、『ファミコン必勝本』(現・宝島社)でライターデビュー。高校時代、東京ディズニーランドでエレクトリカルパレードの運営をサポートするキャスト(従業員)を経験。ディズニーランドが大切にする「笑顔」と、ゲスト(お客様)にハピネスを提供するホスピタリティあふれるサービスを体得する。大学時代、国内初の交換留学制度を利用し、京都・同志社大学へ「留学」。早稲田大学第一文学部卒業後、株式会社リコーに入社。お客様満足度(CS)ナンバーワン企業ならではの、すぐに対応し好感度・信頼度を高めるサービス哲学を学ぶ。ITソリューション営業として仙台支店(現・リコー東北)配属。リコー退社後、都立高校の育休代替教諭として教育現場に携わる。国語科とよく間違われるが、実は英語科に所属。現在、ディズニーランドとホテルのサービスを語る作家として活動中。 著書に『本当にあった ホテルの素敵なサービス物語』(こう書房)などがある。



連絡先
生井俊事務所
ikuishun@gmail.com
http://ikui.exblog.jp/
03-6279-3357(FAX専用)
※執筆、講演のご依頼・ご相談もお気軽にどうぞ。

この出会いに、感謝!
[PR]
by ikushun | 2008-11-16 16:52 | 仕事 | Comments(0)

f0081293_1456324.jpg

11月11日大安。
宮崎でのゲスト講師含め3講演、1交流会を終え、昼の便で東京へ戻る。

宮崎も急に寒くなったが、東京に降り立つともっと寒かった。

本日「ディズニーランド「また行きたくなる」7つの魔法」を発売する運びになりました。これもみなさまがたの応援のおかげです。感謝申し上げます。

すでにいくつかの書店で先行発売があり、滑り出しは順調のようです。ネット書店では、売り切れもあるようです。初版をお求めの方はどうぞお早めに!

内容は、ディズニーランド人気の秘密を、こだわりという部分からひもときます。心理学やワクワクさせる音楽、モチベーションの高いキャスト(スタッフ)を生む教育などから、25年間も人を魅了してきた仕掛けと仕組みを紹介。不景気で、先が見えない中で、少しでも明るい話題で元気になってほしいと考えて作りました。

ぜひ、ディズニーランドが好きな人もそうでない人も、手にとってくだされば幸いです。
こう書房刊、定価1470円(税込み)
[PR]
by ikushun | 2008-11-11 14:56 | 仕事 | Comments(0)
f0081293_10523859.jpg

昨日、宮崎県延岡市の延岡観光協会主催、のべおか観光ナビゲーター養成講座で、ディズニーランドの満足度の高い接客について、キャスト経験者の立場からお話させていただく。

観光ナビゲーターとは、高千穂への玄関口でもある延岡市が、もっともっと素敵な街になるように、観光客と接する機会の多いタクシー乗務員や、ホテルの方々(ホテリエ)のおもてなし意識向上を狙った制度。

すでに今年第一回のテストが行われ、高千穂峡周辺を含む地理や歴史の問題で高得点をマークした33名が、のべおか観光ナビゲーターとして認定を受けている。延岡でタクシーに乗る機会があったら注目してほしい。

この認定証、首藤市長から手渡されたようで、市が本気で街を盛り上げていきたいと考えている姿勢が伝わってくる。

講演で、一つでも記憶に残る言葉があると嬉しいです。
そして、実行してくださると、笑顔が素敵な街、延岡になるはず。

お招きいただけたこと、延岡の意識の高い方々の優しい気持ちに触れられた講演になったこと、改めて感謝申し上げます。

ちなみに、朝食とりながら地元紙の宮崎日日新聞を読んでいたら、地域欄に記事が掲載されていて驚く。年齢を数えでかかれてしまいましたが、よくまとめてあります。
[PR]
by ikushun | 2008-11-08 10:52 | 仕事 | Comments(0)
久しぶりに日経トレンディの仕事をする。
f0081293_1382287.jpg


12月号は毎年、その年のヒット商品ランキングを発表、テレビのニュースにもなる。

編集部がそれに注力しているからか、別冊で差し込んでいる環境特集号の中で10ページ分を担当させていただいた。大学時代から10年来のお付き合いがあるベテラン編集者と仕事をご一緒できたのが、なによりも嬉しい。ここ5年くらいか、環境雑誌に寄稿しないうちに、メーカーの環境に対する意識が大きく変化に驚く。

以前は、雑誌に取り上げるような環境先進企業でも「やらないと」という雰囲気や「環境対策はリスク(不便さや高コスト)が伴う」というところが大半だった。それが今や、「環境対策は当然」「ユーザー(消費者)に負担かけずに、それでいてエコ」という姿勢が浸透している。この数年の意識変革はすごい!

もちろん、法整備や消費者が環境に高い関心を持つようになったことも影響しているだろう。より一層メーカーは努力するようになり、実現はまだにしても、海外の環境対策を探ったり、研究会を発足して勉強や研究を重ねている。

記事中、やはりアサヒビールの吹田工場が出荷しているスーパードライは、日本のビール市場だけでなく世界的に効果が期待できる発明だろう。煮沸時間を従来より3割カットしながら、味は変わらず、泡もちの良さが加わる。普段と変わらないスーパードライなのに、気づかないところでエコ。新製法を生み出した今宿さんをはじめ、環境時代を支えるのはエコカッコイイことをする人たちなのだ。

大塚製薬のポカリスエット、ペットボトルが軽量化した。ネスレ日本のチャージ、詰め替えがカッキテキになり、ゴールドブレンドも商品ラインナップに加わった。ミツカンの金のつぶ「あらっ便利」は、プルプルしたたれを封入することで、包装紙をなくした。

ちょっとしたことだけど、みんなエコ。
エコのトレンドをわかりやすく解説してますので、ご一読を。
[PR]
by ikushun | 2008-11-05 13:08 | 仕事 | Comments(0)
11月11日、いよいよディズニーランド本第2弾発売

タイトルは、
ディズニーランド「また行きたくなる」7つの秘密――なぜか心をつかまれる「仕組み」と「仕掛け」です。(※リンク先:amazon)

f0081293_17455730.jpg


前2作と同じく「こう書房」から発売、定価1400円+税。
アマゾン、楽天ブックスなどで予約受付中です。引き続き、よろしくお願いします。

ちなみに、ディズニーランド本第1弾は、
ディズニーランドが大切にする「コンセプト教育」の魔法です。

これは、ディズニーランドでのアルバイト経験をもとに、現場視点で教育を語った本として好評をいただいています。

作者のボクが「教育について書かれたわかりやすく、ためになる本」と思っているだけでなく、増刷を重ね7刷になっていること、NECをはじめとするグローバル企業の研修に繰り返しお呼びいただいたり、上場企業のお客様相談室のメンバーを中心に構成する消費者実務研究会でCSについての講演をさせていただいたり。そういった依頼からも、高い評価を得ているのだと感じる作品になりました。

企業だけでなく神田外語学院をはじめとする専門学校、東京都立大泉高等学校などの高校、官公庁などからディズニーランドの教育とモチベーションの高さを学びたいとお声がけいただきました。

最近では、ホテル、医療機関、美容院向けの幹部研修やホスピタリティの勉強会が多く、今月は都内はもとより、神奈川、千葉、そして東国原知事で話題の宮崎(延岡市、宮崎市、小林市)へ飛び、合計8カ所(以上)でお話させていただきます。また、11月29日は、企業向けではなく、どなたでも参加できるオープン形式の講演が予定されています。(詳細はmixi「ホスピタリティ」コミュニティをご覧ください)

ここまで評判になり、ロングセラーになっているのも、みなさまが読んでくださり、応援してくださるからにほかなりません。
改めて感謝申し上げます。

「続きは?」
「新作はいつでるの?」

そんな次回作を期待する声もあり、前作が出た直後の2年前から取材ををすすめ、
ようやく今月出版の運びとなりました。

ディズニーランド「また行きたくなる」7つの秘密

ディズニーランドの「こだわり」をキーワードにした、実にユニークな一冊です。
ディズニーランドの世界観を作り上げる裏方にスポットをあて、ゲストを魅了し、リピートする秘密を紹介しています。

こだわりを知ることで、ディズニーランドへ行くことがもっと楽しくなる一冊に仕上がったと自負しています。
どうぞ、本作もよろしくお願いします。

写真1枚目は、わが家に届いたできたてほやほやの「ディズニーランド「また行きたくなる」7つの秘密」。

ダンボール箱の一番上にあった世界第一号は、宮崎市にある地鶏料理の有名店、居心地屋やまぢ大将、黒木浩一さんに寄贈。宮崎市(福岡の西中洲にも「やまぢ」はあります)へいった折には、このエピソードとともに、やまぢ自慢のみやざき地頭鶏も楽しんでくださいね!
[PR]
by ikushun | 2008-11-03 17:45 | 仕事 | Comments(0)

著書『高校生でもプロ意識が生まれる ディズニーランド 3つの教育コンセプト』『本当にあった ホテルの素敵なサービス物語』ほか。連絡先:ikuishun@gmail.com


by ikushun