生井俊の目線。

ikui.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

断食明けの感想。

断食が明けて6日目。
そろそろ、感想を書いてもいい時期だろう。

f0081293_14423120.jpg


写真は、みれっとファームのきびクッキー「きび太」。
ココア味のものなどもある。
このきび太が、毎日の楽しみだった。

もちろん、砂糖、卵不使用。

みれっとファーム
http://www.milletfarm.com/
[PR]
by ikushun | 2010-04-30 14:42 | 趣味 | Comments(0)

銀座といえば。

銀座といえば、
和光?
f0081293_21164055.jpg


それとも、
リコー?
f0081293_21164027.jpg


あす4月29日、銀座松坂屋に、
フォーエバー21がオープン。
f0081293_21164088.jpg


子供服のラインも入るとか。
銀座も様変わりです。
[PR]
by ikushun | 2010-04-28 21:16 | 趣味 | Comments(0)
久しぶりに、東京ディズニーリゾート。
きょうのお目当ては、熊のぬいぐるみを買うこと。

大雨も上がったので、この時間からディズニーシーへ。

あす29日が休日だけど、きょうは両パークともガラガラだとか。

こういう日に出かけるに限ると思うけど、地方から日程を決めて来る人はそうできないんだよなあ。
混雑したときは、いかに情報を仕入れて回るかがコツになる。
今は携帯からアトラクションの待ち時間もわかるので、それを活用するといいかも。

さて、ディズニーシーステーションに着く。

f0081293_1723424.jpg


入線してきたディズニーリゾートラインは、ティンカーベル仕様。
すでに、ワクワクしている。

f0081293_1723488.jpg

f0081293_1723416.jpg



では、行ってきます!

よく聞かれますが、年間パスポートは持っていません。
毎回パスポートを買います。
本を書いていても、ただで入れるようなこともないんですよ。
[PR]
by ikushun | 2010-04-28 17:23 | 趣味 | Comments(0)

断食明けの回復食。

御縁庵での坐禅断食を終えて3日目。

そろそろ、うどんと天然酵母のパンでやりくりしていた食事ともお別れだ。

きょうは、土浦にいる姉から届いた筍を入れた稲庭うどん。
味付けは、醤油、塩、天然の調味料。
見た目はともかく、まずまずの出来栄え。
f0081293_22141095.jpg


回復食で、フルーツを食べても良いとあった。
バナナとパイナップルをいただいたら、食べてはいけないフルーツに入っていた。

おかげで、お腹に大ヒットし、七転八倒したけど、七転び八起き。
懲りずに、本日四食目を食す。

きょう、体重計に乗ったら、断食前より−1.5キロだった。
体重が減ったことよりも、腸内がきれいになったことのほうが嬉しい。

さて、新しい出会いと、ものづくりがはじまりそうだ。
[PR]
by ikushun | 2010-04-27 22:14 | 趣味 | Comments(0)
f0081293_12243394.jpg


広島・向原での断食が明け、空港へ向かう途中。
シバザクラが目にとまる。

f0081293_1224339.jpg


乃美のシバザクラ祭当日だったようで、人が押しかけていた。

すがすがしいほどの晴天、赤、白、青と色鮮やかなシバザクラ。

偶然の出会いに感謝。
[PR]
by ikushun | 2010-04-25 12:24 | 趣味 | Comments(0)

広島で断食。

御縁庵での坐禅断食、3日目(最終日)。
f0081293_6221486.jpg


濃霧、そして、霜がおりました。
f0081293_6221439.jpg

[PR]
by ikushun | 2010-04-25 06:22 | ハガキ道 | Comments(0)
昨日、おでん屋の春夏秋冬(しき)で出会ったのが、松本ルミ子さん。
2年半前から広島市内でエステとリンパマッサージのお店をされているとのこと。
その場で予約し、きょう訪問した。

f0081293_15395671.jpg


お店「咲楽」(さくら)は、中央通りと平和大通りが交差する東急イン広島近く、中央通り沿い。体育社が目印で、その隣のビルにある。
f0081293_15395692.jpg


メニューも料金もも聞かないで予約してしまったので、ドキドキしながらオートロックのインターフォンを押す。完全予約制だ。

部屋はナチュラルで、とても綺麗。ボクでも癒されるから、女の子はすごく喜ぶんだろうなあと思いながら、マッサージウェアに着替える。

この日お願いしたのが、リンパマッサージの60分コース。

足湯から始まり、つま先から頭まで、マッサージしてくださる。日頃、身体も使わないし、ストレスもためないほうなので、指がスムーズに身体に入っていく。これが、リンパマッサージなんだ。

宮島に出かけて冷え切っていた身体もあたたまり、足から背中、肩、首へと移っていく。

足も少しコリコリした感触があったけど、痛みはなかった。それが、手や首に移ると、コリコリに加え痛みも。叫ぶほどの痛さではないが、内臓が悪かったり、血流が悪いと、痛みがはしるのだという。

その後は、あまりの心地よさに一瞬まどろむ。そんな午後もいいものだ。

松本さんの話術にもすっかり引き込まれ、身も心も満足して、軽やかに場所をあとにしたのでした。

あー、おなかすいた。
(断食初日で、朝食を抜いたのでした)


f0081293_15395573.jpg


エステ&リンパ 咲楽
☆完全予約制

住所…広島市三川町7−4(部屋番号など詳細は、予約時におたずねください)
電話番号…082-249-9195
受付時間…10時から20時まで(土日祝は18時まで)
不定休

メニューは、リンパマッサージ60分6000円、ブライダルエステ5万円などいろいろ。
[PR]
by ikushun | 2010-04-23 15:39 | 感動 | Comments(0)
10年振りの盛岡。
素晴らしい出会いが多くあった。

のがわ印房の野川さんご夫妻や、東日本ホテルなどを立ち上げた太田相談役。
ユーモアにあふれた器の大きい方たち。

その野川さんや太田さんがご紹介くださったのが、発明家の森田年麿さん。
f0081293_1027570.jpg


森田さんは磁石の魅力に引き付けられた方。
サラリーマンをしながら研究開発を重ね、磁石の一面からS極とN極とを出すことに成功、昨年夏に特許も取得した。

磁石は、S極とS極とが向き合えば反発するし、S極とN極とが向き合えばピタッとくっつく。

その時磁気は、2つの極の間を行ったり来たりするのだが、森田さんが開発した1面にS極とN極とがある磁石は、四方八方に磁気が飛ぶのだという。

この磁石を使うと、不思議なことが起こる。

たとえば、りんごの樹木に結び付ける。
すると、その木にあるりんごの実が早く成長し、さらに、磁石を付けないものよりも糖度が2度以上アップするという。
おそるべし、磁石の世界。

(ちなみに、ロープと磁石とセットにしたものが売られています。多くの人がテストすれば、りんごだけでなく、使い道がより広がる気がします)

森田さんに、磁石を木に巻き付けるだけで、どうしてりんごが甘くなるのかうかがうと、
「浄水器に磁石が使われているように、磁気が水を綺麗にすることは昔からわかっていること。
 それを木の幹に巻き付けることで、りんごが吸い上げる水が綺麗になり、
 美味しく、腐りにくいものができるのではないか」と説明してくださる。

要するに、1面から両極が出る磁石は作ったけれど、それがどう作用しているかまでは森田さんにもわからないのだ。

もしかすると、日本の農業を変える画期的な発明かもしれないし、使い道がわからないままかもしれない。まだ、改良の予知があるだろうけど、多くの農家の方に知っていただきたく、話を書いた。

ちなみに、研究開発に22年、これまでに私財3億円以上を注ぎ込んだという。



話変わって。
森田さんが運転する車に乗せていただき、花巻市にある盛岡阿部製粉の芽吹き屋へ出かける。
7000坪の敷地に、広大なビオトープが広がっている。

お店にうかがうと、ちょうど阿部会長がいらして、ご対応くださる。
身にあまる光栄、ありがたいこと。
f0081293_1027580.jpg


阿部製粉は、冷凍和菓子で著名な会社。その技術力には定評がある。

阿部会長の話をうかがっていると、冷凍食品をつくり、世の中へ流通するための筋道を作ってくださった「冷凍食品の神様」のような方だとわかる。

今、冷凍食品が当たり前のように市場に出回り、わたしたちの食生活に欠かせないものになっている。これも、阿部会長ら先達たちの努力があったからこそのこと。

感謝、感謝、感謝。

阿部会長の写真・手前に写るのは、芽吹き屋名物のジェラート。桜餅と、カステラを織り込んだものをパチリ。よなるねま。
[PR]
by ikushun | 2010-04-23 10:27 | 感動 | Comments(0)
今宵は、広島。

高校時代、初めて広島に降り立ってから、6度目になる。
今回、ANAに乗ると、飲み物のサービスが有料になっていて軽く驚く。

それはさておき。
羽田空港で飛行機に搭乗しようと思ったら、ハガキ道の仲間・長沢慧知さんにばったり。
今週は、長沢さんウィークらしい。

別行動の後、長沢さんと天満屋前で待ち合わせすることに。

ご案内くださったのが和食の春夏秋冬。
春夏秋冬と書いて「しき」と読む。
f0081293_21473452.jpg


ビルの2階にある、カウンター8席程度の店。
1年中おでんをやっているようで、長沢さんは「おでん屋」といっていた。
恵比寿の今尽も、年中おでんをやっているっけ。
そういうお店、大好き。

f0081293_21473417.jpg


気の利いた突き出しと、おでんをいただく。
ママの広島弁と同じく、料理も優しい感じがする。

お店で、あとからやってきたお客さん、エステ&リンパマッサージ「咲楽」(さくら)の松本さんをご紹介いただく。
リンパマッサージをしたことがなかったので、その場で予約を入れる。

狭い空間だからこそ、ママを通して、客同士が深くつながっていく。
広島でふらりと立ち寄れる店ができたのがうれしい。

f0081293_21473463.jpg


食彩 春夏秋冬(しき)
住所…広島市中区流川町4-16 フレイアビル2階
電話番号…082-246-7192
要予約。
[PR]
by ikushun | 2010-04-22 21:47 | 趣味 | Comments(0)
f0081293_23115547.jpg

f0081293_23115532.jpg

f0081293_23115577.jpg

10年振りに盛岡に降り立つ。ひとつ、空気が冷たい。途中の福島では桜が満開、桃の畑もピンクに染まりつつあった。盛岡の春も、間近だ。

かつて盛岡で菓子博覧会が開かれたことがあった。10数年前のことだ。

その時、お手伝いで一週間ほど盛岡に滞在、初めてじゃじゃ麺なるものをいただく。うどんに味噌がかかったもので、ジャージャー麺と似て非なるもの。

白龍(パイロン)が一番人気で、一度はお店で食べてみたいと思っていた。

念願かない、白龍へ。
量は中を頼んだが、小が普通盛りか。それだけで、満腹に。

一緒に行動していたハガキ仲間の長沢慧知さんが、「餃子と冷麺は別腹でしょう」というので、向かいのパイカルにも入る。

いやあ、別腹ではなかった。でも、美味しかった!

ごちそうさまでした。
[PR]
by ikushun | 2010-04-19 23:11 | 趣味 | Comments(0)

著書『高校生でもプロ意識が生まれる ディズニーランド 3つの教育コンセプト』『本当にあった ホテルの素敵なサービス物語』ほか。連絡先:ikuishun@gmail.com


by ikushun