生井俊の目線。

ikui.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

神神の国、宮崎。

f0081293_13471531.jpg

鵜戸神社。

海に囲まれた地。

昨日からの雨も、ここだけあがり。

ありがたいことです。
[PR]
by ikushun | 2010-06-26 13:47 | 趣味 | Comments(0)

がんばれ、宮崎。

f0081293_1361915.jpg

宮崎空港着。

きょうは、川上村の喜家村玲子さんと、元気になる講演です。

楽しみ!
[PR]
by ikushun | 2010-06-25 13:06 | 仕事 | Comments(2)
f0081293_11543511.jpg

なんでこんなに並ぶのでしょう?

有名店出身のパティシエなのか謎のまま、行列に参加。

駅近くにはサカイがオープンし、にわかにケーキ(景気)づいている不動前です。
[PR]
by ikushun | 2010-06-24 11:54 | 趣味 | Comments(2)
茨城県経営品質協議会10周年記念講演会が、水戸ブラザホテルで開催された。

リッツカールトンの元日本支社長・高野登さんと、経営品質の第一人者・大久保寛司さんとのW講演。それも、無料で拝聴できるという。ぜいたくすぎる内容の、幸せ過ぎる時間。

f0081293_036172.jpg



高野さんは、水で例えるなら摂氏99度の人と、100度の人とは違う、と説く。たんに液体か気体かの差だけではなく、蒸気機関車を動かせるかの差につながり、その走り出しのエネルギーこそが大切なのだ。

その1度の違いの見極めは、
・意識することができるか
・立ち位置を変えられるか
にヒントがあるようだ。


大久保寛司さんは、仕事が辛くても、心が明るく楽しい職場は、人が耀(かがや)くのではないか。そのためには、お互いの存在を認めること、お互いの理解を深めることが欠かせない、という。

つまり、幼稚園・保育園でも学ぶことだけど、大人も声をかけあう、あいさつをするといった基礎基本の徹底が求められている。


大久保さん、高野さんのトークセッションでは、スペシャルゲストとしてはせがわ祐希さんが登場。会場の空気を、一気にスターリィマンの世界へと変えてみせた。



会終了後、鬼澤さんら運営メンバーとのお茶会に参加させていただく。

f0081293_036125.jpg


その参加者に、ディズニーの1冊目の本を出してすぐ、消費者実務研究会での講演を聴いてくださった女性が。大久保さんつながりで、4年ぶりの再会!

4年前の印象で才女だとお見受けしましたが、4年の歳月が彼女を感性豊かで、より耀く人にしていました。こういう再会も嬉しい。

平日の講演で、水戸にまで彼女を派遣する京葉ガスという会社も素晴らしいですね。

人のつながりに、感謝の日々です。
[PR]
by ikushun | 2010-06-18 00:36 | 趣味 | Comments(0)
f0081293_10313568.jpg

足元には大きなバックパック、テーブルの上にはレノボのPC。

きょうは、茨城県経営品質協議会の10周年記念講演が水戸で行われる。登壇される大久保寛司さん、高野登さん、ゲストのはせがわ祐希さんとスーパーひたちにて移動中。

いつも笑顔の大久保さん、さすがです。周りと会話しながら、目の前のPCでメールの返信を書いたり、サイトをチェックしたり。オフィスに早変わり。

移動時間も無駄にしないし、周囲の配慮も忘れない。やはり、全国から声がかかる人は、ここが違う。

高野登さんは、紳士。

椅子を倒す時に一声あるとこはもちろん、ニコッと親しみやすく、最上のスマイルを。

ああ、いいんです、いくらでも椅子を倒してください。

ちなみに、大久保さんのバックパックからは、いろんなものが飛び出します。見ているだけで、勉強になります。

素敵な一日を!
[PR]
by ikushun | 2010-06-17 10:31 | 趣味 | Comments(2)

いつもブログへおたずねくださり、ありがとうございます。
輝く人づくりをテーマに、感性を磨く「センスの学校」を開校しています。

オープンマインドで、好意的に「受け止める」ことができる方なら、
どなたでもご参加いただける会です。

次回、2010年6月16日は、
スターリィマンのはせがわファミリーをお招きします。
また、会場のホテル日航東京を堪能していただく見学会も行います。

感性を磨くには、素晴らしいものや空間、空気に触れることが必要だと考えています。
ぜひ、同じ時間を共有できれば何よりです。

センスの学校
http://ameblo.jp/ikushun/entry-10558283714.html



センスの学校 1周年記念
第10回 「はせがわラボ」&「塚田ラボ」

「感性を磨くこと 次につなぐこと」

日時
2010年6月16日(水) 10時30分 集合
10時30分~14時00分

会場 ホテル日航東京
(ゆりかもめ「台場」駅直結、りんかい線「東京テレポート」駅より徒歩10分)
http://www.hnt.co.jp/access.html


☆はせがわラボ講師 はせがわファミリー
 はせがわいさお氏(画家)
 はせがわ芳見氏(作家)
 はせがわ祐希<ゆき>氏(プロデューサー)
 (ドリーム工房☆はせがわ)
http://www.dream-hasegawa.com/

f0081293_18571865.jpg


☆塚田ラボ講師 塚田 忠保氏
 (ホテル日航東京 総支配人)
http://www.hnt.co.jp/index.html

会費 8,800円(パチパチ、ランチ付)
定員 12名


おかげさまで、センスの学校は6月で1周年を迎えることができました。
これも、講師の先生、参加の方々、運営スタッフのご協力によるものです。
御礼申し上げます。

6月16日(水)は、センスの学校1周年を記念して、
「スターリィマン」のはせがわファミリーをお招きした朗読会を開催します。


今回のテーマは、「絆」そして「感性」です。


星のように輝く人「スターリィマン」を生み出したはせがわファミリーは、
家族3人で、「絆」を伝える活動をしています。

はせがわいさおさんが描かれるスターリィマンの絵、
はせがわ芳見さんが創作される詩に、
お嬢様のはせがわ祐希さんが映像や朗読で生命(いのち)を吹き込む――。

この三位一体の活動が、「コミュニケーションアート」と呼ぶものです。
多くの人を感動させ、時には、涙します。

その活動は全国各地に広がり、今日本で一番求められている「ファミリー」です。

はせがわファミリーが紡ぎ出すスターリィマンの世界は、
言葉では語り尽くせるものではなく、まさに、感じていただくしかありません。


「絆」を探していく中で、同時に「感性」も磨かれていく会です。



また、会場のホテル日航東京は、
「しあわせのリンク&スマイル」をテーマに、
リゾート(=非日常の空間)を創り出しています。
とても自然で、居心地のよい、あたたかみのある場がそこにはあります。
http://smiles.weblogs.jp/


笑顔のあふれるホテルでありたい。
その想いを、総支配人の塚田忠保さんが語ります。

ほかに、普段なかなか見ることができないホテルの客室、チャペル、スパなど、
ホテルの魅力をあますところなくご案内・ご紹介いただきます。

ぜひ、日航東京の空気も合わせて「感じて」ください。


ささやかですが、ランチをご用意します。
素敵なひとときを「スターリィマン」そして日航東京で共有できればなによりです。

講師プロフィールなど詳細は、センスの学校(ブログ)をご覧ください。
センスの学校
http://ameblo.jp/ikushun/entry-10558283714.html

[PR]
by ikushun | 2010-06-09 18:54 | センスの学校 | Comments(0)

携帯、忘れる。

f0081293_1816971.jpg

忘れ物名人のボク。
きょうは、携帯電話を忘れて家を出た。

大宮駅で、スターリィマンのはせがわファミリーと待ち合わせ。

待ち合わせ場所を決めなかったもので、お互い途方にくれたのはもちろん、今、日本一忙しいファミリーを待たせてしまった。ファミリーで待たせると、それだけで待ち時間×3倍。反省。

なんとか合流し、スターリィマンが生み出されるアトリエにお邪魔する。

アトリエは、大宮の閑静な住宅街にある。

窓から入る風が心地よい。レースのカーテンがそよいでいる。

いい街には、いい風が吹いている。むかし、ゲームクリエイターの飯野賢治さんの連載で読んだ。同感。

この環境から、さまざまな世界が創られ、2000を超える絵と詩が生み出されてきた。家族の想いが行き交う場所。原点。

コーヒーをいただきながら、はせがわ祐希さんがふとこんなことをいう。

「いくいさんには、程よい距離感がありますね」

かつて、編集者のあまろーねさんが、
「いくいさんは、ハリウッド映画というより、昔のインド映画。今ならイラン、イラクの映画みたい」
と評したことがある。

言葉の強さは違えど、はせがわ嬢のコメントも、それに近い印象だと受け止めた。

それにしても、イラン、イラクの映画って、どんな世界観なのだろうか。わからないものに、思いをはせる。

続きは、またあとで。
中谷巌さんのミニセミナーへ出かける。
[PR]
by ikushun | 2010-06-07 18:16 | 趣味 | Comments(2)

ワインセミナーへ。

イタリアの醸造所、テヌータ・サンアントニオのワインセミナーに参加する。
オーナーのアルマンド・カスタネーディ氏の解説をききながらいただけるぜいたくな時間。

f0081293_0544315.jpg


このワイナリーは、革新的なソアーヴェとアマローネで知られているという。

確かに。「モンテ チェリアーニ ソアーヴェ 2007」を試飲しながら、これまでのソアベと違って、しっかりとした味わいがありながら、フィニッシュのさわやかさに驚く。

f0081293_14583965.jpg


走りつづけた身体のネジを、ゆるゆると緩めていく午後もいい。

…なんて、悠長なことを書いていたら、
ひゃー!

洋服にまでワインを飲ませてしまった!

f0081293_85494.jpg



たまにはいいか。
浴びるほど、飲むのも。
[PR]
by ikushun | 2010-06-06 14:58 | 趣味 | Comments(1)
ホテルアソシア名古屋ターミナルの見学会に参加した。

そこで、ホテルで「恵那 川上屋」の栗きんとんを取り扱っていることをうかがう。

f0081293_18392954.jpg


もっと売れるであろう名古屋駅のJR名古屋タカシマヤではなく、
ホテルアソシア名古屋ターミナルに卸しているのが、心意気を感じる。

栗きんとん、ホテルの売店なのに、年商は7000万円くらいだとか。
にわかに信じがたいが、なるほど、道を行き交う人も多く、ファンがついているようだ。

f0081293_18392938.jpg


6月から、栗きんとんは夏バージョンの栗観世(くりかんぜ)に変わる。見た目も喉越しもさわやかで、甘さ控えめ。実にぜいたくなお茶のじかんになった。

ホテルアソシア名古屋ターミナルは、9月30日で閉館が決まっている。
新しく生まれ変わるとはいえ、さびしさを感じる。

栗きんとんのゆくえはいかに?
[PR]
by ikushun | 2010-06-03 18:39 | 趣味 | Comments(4)

名古屋。

おはようございます。

きょうの名古屋は晴れ、札幌の天気はいかがですか?

この秋に閉館が決まっているホテルアソシア名古屋ターミナルからの眺め。

f0081293_8374344.jpg


これから、信州・松本の方が合流、ホテルの見学会に参加します。

f0081293_8374360.jpg


眺めのいい部屋に通されたようです。
[PR]
by ikushun | 2010-06-02 08:37 | ホテル | Comments(3)

著書『高校生でもプロ意識が生まれる ディズニーランド 3つの教育コンセプト』『本当にあった ホテルの素敵なサービス物語』ほか。連絡先:ikuishun@gmail.com


by ikushun