生井俊の目線。

ikui.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

f0081293_19203733.jpg

東京スカイツリーと浅草方面が見渡せるマンションに越した友人が、ベランダからの花火鑑賞に誘ってくださる。

第一会場も、第二会場も見えて、みんなで興奮する。

東京スカイツリーもそのうち点灯することだろう。花火の時は、消灯するんだろうなと、くだらない心配をする。

高さ400メートルを超えたスカイツリー。竹中工務店、がんばれ!

とにかく、報道ヘリが多い。きょう打ち上がる花火より多いかもしれない。
[PR]
by ikushun | 2010-07-31 19:20 | 趣味 | Comments(1)
f0081293_19182619.jpg

f0081293_19182690.jpg

f0081293_1918262.jpg

沖縄・宜野湾に、ラグナガーデンホテルがある。

ANAホテルズの1つで、ビジネスにもリゾートにも利用できる便利なホテルだ。

ホテルから出れば砂浜!
という場所ではないが、ホテルには冬でも楽しめる屋内プールが。Kさん、Tさんといった優秀なベルガールがいて、沖縄に行くときはこのホテルを利用する。

そのラグナガーデンホテルには「和琉ダイニングあんのん」という、素晴らしい和食レストランが入っている。

和食と沖縄料理の良いところどりした店で、料亭ではないが、空間や料理の見栄えにもこだわっている。

沖縄料理の多くの店で提供される家庭的なものではなく、ハッとさせられる料理が提供される。

そのあんのんが、東京・中目黒に出店。早速ランチに出かける。

入口はわかりづらいが、目黒川沿いにある。

メニューは、1600円から。ソーキそばも、椀で楽しめる。

開放的な店内で、デートには向かないかもしれないが、半個室のテーブル席が2つある。

上質な沖縄料理を、少しずつ、コースでいただけるのは嬉しいこと。あとは、接客がラグナガーデンホテル並に、リラックスさせる声がけと、素敵な笑顔に包まれれば、人気店になるかも。
[PR]
by ikushun | 2010-07-27 19:18 | 趣味 | Comments(1)

石碑の除幕式。

f0081293_18495858.jpg

f0081293_1849582.jpg

f0081293_18495894.jpg

イエローハット創業者で、掃除の神様として知られる鍵山秀三郎さん。

その鍵山さんの言葉「凡事徹底」と、ハガキ道の創始者・坂田道信さんの言葉を刻んだ石碑の除幕式が行われ、参加させていただく。

場所は、新潟・十日町の村山土建前。

お二人の功績に、感謝の一日。
[PR]
by ikushun | 2010-07-24 18:49 | 趣味 | Comments(1)

ホスピタルクラウン。

f0081293_18311129.jpg

旅のお供は、末岡先生からいただいたこの本。

クラウン(道化師)のKちゃんこと、大棟耕介さんのやさしさがいっぱいつまっています。
[PR]
by ikushun | 2010-07-16 18:31 | 趣味 | Comments(1)
f0081293_18273847.jpg

東急目黒線不動前駅から徒歩30秒。

朝9時オープンのケーキ屋。

焼菓子やフルーツのロールケーキが秀逸。

改札を出たら左手に。
[PR]
by ikushun | 2010-07-16 18:27 | 趣味 | Comments(1)
f0081293_1935928.jpg

f0081293_1935953.jpg

f0081293_1935939.jpg

劇団四季のミュージカル「美女と野獣」が、2010年7月11日、大井町の「夏」で開幕する。

東京では、15年ぶりの再演だという。

劇団四季を誘致した品川区が、区内に住む親子を抽選で招待。運よくグランドオープニング前日のプレビュー公演に出かけることができた。ありがたいこと。

劇場は2階建て。座席についてだが、2階の1列目は、1階でいう13列目くらいまでせり出しているので、高さや角度はあるが、ずいぶん見やすそうだ。

案内された1階10列20番という座席位置は、ほぼセンター。かなり見やすいが、もう3列くらい後ろがベストポジションになるだろう。

こども向けか、内容について。娘(6歳)は終始、起きていた。「美女と野獣」は、映画で見たようで、あらすじを知っていた。

真っ暗になったり、花火が出たり、オオカミに登場人物が襲われるシーンなど、何度も耳をふさいだり、涙を流していたので、怖いのだと思う。

ディズニーランドのカリブの海賊でも怖がるので、それが苦手なうちは、まだ難しいかもしれない。

教員の立場からいえば、早ければ小学校中学年から、きちんとわかるのは高学年からだろう。

娘の感想は「泣いちゃうくらい怖かったけど、最後はベル(美女)と野獣が一緒になれたのでよかった!」とのこと。

また見たいかについては、いまのところは、NO。いい作品だけど、それよりも怖いからいいや、ということらしい。

個人的な感想。
ミュージカルといえば、ニューヨークで、大好きなABBAの「マンマ・ミーア」を見たが爆睡した過去をもつボクだが、演出のうまさで楽しめたし、号泣。

カーテンコールを、スタンディングオーベーションで迎えたのだが、ほかに立っているのは最前列の女性二人が視界にはいったくらい。



2階に上がったら、飲食の物販があった。飲食物もクロークで預かってくださる。

身長130センチ以下のこどもには、クッションシートの貸し出しあり。

劇場スタッフがわ素晴らしい。休憩が短く、第二部の開始に間に合わなかったが、スタッフが名前を聞いた上で、クロークに行かずに荷物を預かってくださる。

とくに、席まで案内してくださったAさんの対応にほれぼれした。

ありがとうございます。
楽しい時間に感謝いたします。

あすからの公演、ロングランを祈っています。
[PR]
by ikushun | 2010-07-10 19:03 | 趣味 | Comments(1)
f0081293_19521963.jpg

三上クニ2010初夏のジャパンツアーファイナル。関内・ファーラウトにて。

ピアノは、おなじみ都立九段高校出身で、ワールドワイドに活躍する三上クニさん。

ベースは林正男さん、ドラムスは福森康さんと、初めて聴く組み合わせ。

ゆるやかな時間を紡ぎ、外の梅雨空を忘れる。

天空では七夕。

織姫も、彦星も、素晴らしいJazzとともに、ステキな一夜を過ごしているはずだ。

七夕の日本で、三上クニトリオを拝聴できるぜいたく過ぎる時間。感謝。



しばらくブログの更新をおやすみします。
[PR]
by ikushun | 2010-07-07 19:52 | 趣味 | Comments(2)

著書『高校生でもプロ意識が生まれる ディズニーランド 3つの教育コンセプト』『本当にあった ホテルの素敵なサービス物語』ほか。連絡先:ikuishun@gmail.com


by ikushun