生井俊の目線。

ikui.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

堀川、清流の復活。

f0081293_1614412.jpg

久しぶりに、大学時代を過ごした京都へ来ている。

堀川通の上長者に一時住んでいたのだが、堀川は入れるような川ではなかった。

清流を取り戻そうというプロジェクトにより、二条城付近から遊歩道ができ、川にも入れるようになった。

豊田勇造さんが歌う鴨川にはウイスキーが流れているが、堀川には何が流れるのだろうか。

とにかく、おとなも、こどもも、大喜びである。
[PR]
by ikushun | 2011-07-31 16:01 | 趣味 | Comments(0)

ほめ達検定2級合格!

f0081293_0451471.jpg

今、関西から日本全国へ広がっているのが社団法人日本ほめる達人協会の「ほめ達!」検定。

相手や仲間、スタッフをほめる手法が学べるとあって、CS・ESのみならず、マインドの向上を図るには有用な検定だ。

先日、2級を受検。きょう、結果が届いていた。
合格率50%ともいわれる2級、得点69.5点ながら、辛うじて合格。
これは、気を引き締めていかなくては。

3級は、8月27日に大阪、9月10日に東京で受検できる。
2級は8月6日の大阪、1級は9月10日の東京、そして9月17日の大阪と続く。

「ほめ達」こと西村貴好さんの書籍を読んでもよし、試験前のセミナーを聞いて一発勝負でもよし。ほめ方を学びたい人も、自殺者が一向に減らない世の中を少しでも変えたい人も、ぜひチャレンジを!

検定について詳しくは、シーズのホームページをご覧ください。
一緒に、ほめまくって、いい世の中にしましょう!
http://www.cs-hospita.jp/index.html
[PR]
by ikushun | 2011-07-28 00:45 | 感動 | Comments(2)
「生井俊って、本名ですか?」
そうよく聞かれます。
ええ、本名です。

生井という苗字(姓)は、「いくい」と読みます。
俊という名前は、「しゅん」です。

めずらしいので、
「どこ出身ですか」とも聞かれます。

残念ながら、
期待に添うおもしろい答えの用意はなく、
東京の下町出身です。

ほかに、栃木に地名として
「生井」(芳賀郡)や「下生井」(小山市)があり、
その場合は「なまい」と読みます。

不思議なもので、
ボクは「なまいさん」と読まれる(呼ばれる)ことが多く、
なまいさんに会うと「いくいさん」と読まれることが多いというのです。

たぶん、勢力的には「なまい」が主流ですが、
生井は「いくい」と読んでください。

というわけで、いくいしゅん、です。
今後とも、よろしくお願いいたします。
[PR]
by ikushun | 2011-07-27 09:48 | 自己紹介 | Comments(0)
f0081293_1619211.jpg

いきものがかり、久々だね。武道館以来?

めっちゃ、踊りまくってきます!
[PR]
by ikushun | 2011-07-24 16:19 | 趣味 | Comments(0)

わなわな。

f0081293_946487.jpg

家にはちょいちょい罠がしかけられる。これは愛人(7歳)の仕業らしい。心穏やかになる、ほほえましい瞬間。
[PR]
by ikushun | 2011-07-24 09:46 | 子育て | Comments(0)
同じキャリア同士だと、携帯電話の電話番号を知っていると、メール(ショートメッセージ)がやり取りできますよね?

あれ、2011年7月13日から、ドコモからau、SoftBankからドコモのように事業者を越えてできるようになったの、知ってました?

さっき、話を聞いてび、び、ビックリ!

正確にはSMSの事業者間接続というプロジェクト名らしく、それぞれの通信キャリアが情報共有する時代に!

あと3年くらいしたら、海外同様、携帯端末がキャリアを越えて使えるようになるのかも。回線については、ネットプロバイダのように、インターネットから申し込める世の中になれば、便利。

ちなみに、電話番号を使ったメール送信料は、

○ドコモ(ショートメール)、au(Cメール)、ソフトバンク(SMS):3.15円
○イーモバイル(SMS):2.1円

一瞬、迷惑メールが増えるかなと思ったけど、これだけお金がかかれば、そうそう出さないでしょう。いたずらメールもすぐに特定できるだろうし。
[PR]
by ikushun | 2011-07-24 09:24 | 趣味 | Comments(0)

どうでもいい話。

ほとんどの人にとって、どうでもいい話だが、ボクにとってすごい話。

女子会から帰ってきた妻が、
「どうも、近所の小学校のPTA会長が、有名DJだったらしい」と情報を仕入れてきた。

有名DJって、まさか、山本シュウじゃないよな、と思う。

「なんか、レモンさんとかいってた。ライムさんかも」

それって、めちゃくちゃ、山本シュウじゃないですか!

うわー。

レモンさんの講演を聴きに行きたいと思っていたら、めちゃくちゃ近所にいる(いた)らしい。

絶対すれ違っていると思う。
オオゼキとか、駅とかで。

FM-FUJIで、リクエスト、よくかけてもらったなあ!
うさぎ2号です。ボクです、ボク。

って言っても、相手は、知らないか。

もう大変、山本シュウに会った日には、またブログ書いちゃう!
シュウさん、そのときは、よろしくお願いいたします。

という、すっごく、プライベートな、ひとりで興奮しているけど、
大多数にとっては、どうでもいい話でした。

ちなみに、女の子なら、久米村直子さんに会いたいです!
[PR]
by ikushun | 2011-07-24 00:31 | 子育て | Comments(0)
f0081293_1033182.jpg

目黒区商工まつり、目黒リバーサイドフェスティバルがきょう7月23日、あす24日で行われる。その前夜祭で、ノンフィクション作家・小松成美さんが講演。テーマは、人の心をひらく技術。

小松さんはスポーツ選手のインタビュアーに定評があり、中でも口が重いと知られているサッカーの中田ヒデや、メジャーへ行く前のイチロー、野茂の心を開き、素晴らしい記事にまとめている。

ボク自身スポーツ選手への取材はそう多くないが、このままでは記事にならないと冷や汗をかいたことが何度か。でも、必死になっていると、相手から助け舟を出してもらえる時があるし、助け舟がなくても、ひょんなことから心が近づくことがある。

小松さんの話を拝聴しながら、書き手としてインタビューする側として、そのプロセスを再確認。

特に心動かされたのは、小松さんは、相手に感動を伝えること、相手の心に刺さる言葉を持っていること。小松さんのように感動したことを言葉にしたり、その場の空気を表現することは簡単そうで意外とできない。特に、男性は。これを意識し大切にして、執筆・講演(教育)活動をより充実したものにしていきたい。

目黒の商工会の方々が、素晴らしい機会をくださったことに感謝! 小松さんとの出会いにも感謝!!

感動は、人を動かす、ね。
[PR]
by ikushun | 2011-07-23 10:33 | 感動 | Comments(0)
f0081293_219278.jpg

店長研修で福島へ行ったまではよかったが、ホテルでお土産を買う時間もなく(単に呑んだくれていただけ…、スミマセン!)。

帰り道、郡山駅の新幹線ホームの売店で堅焼きマドレーヌを購入。全然福島らしさを感じないネーミングだが、福島市の丹坊(丹治製菓)がていねいに作っている。

さほど期待せずに食べたら、これがめちゃくちゃ美味しい!

カリカリっとした、でもウェット感の残った焼き菓子。マドレーヌのなよなよした感じを想像してはいけないのだ。

おそるべし、福島。そして、義援金つき商品。6個入り350円だったか。チョコレートのほか、プレーンも。お腹と心が満たされるだけでなく、少しは復興支援につながりますよ。ぜひ、お試しあれ!
[PR]
by ikushun | 2011-07-22 02:19 | 趣味 | Comments(0)
f0081293_1554398.jpg

これから2級、受検します!

ほめる達人を育成するこの検定、日本全国に広がりをみせています。

CSやES、ホスピタリティを学ぶ人は、ぜひほしい資格(考え方)です。
[PR]
by ikushun | 2011-07-16 15:54 | 趣味 | Comments(0)

著書『高校生でもプロ意識が生まれる ディズニーランド 3つの教育コンセプト』『本当にあった ホテルの素敵なサービス物語』ほか。連絡先:ikuishun@gmail.com


by ikushun