生井俊の目線。

ikui.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

連勝記録、とまる。

f0081293_11422577.jpg

f0081293_11422561.jpg

f0081293_11422594.jpg


ご存知のように、ワタクシ、自他共に認める晴れ男。

震災以降の3年半、すべての講演が、雨なし。
台風予報もなんのその。

でも、連勝記録は、途切れる日が来る。
福岡、一日中、雨の予報。

会場入りするときは、傘のいらないくらいの霧雨、懇親会場への移動の時は、雨がやんでいた。

ボク自身、傘を持って来なかったし、もちろん持ってないから使わなかったのでオマケしてもいいけど、150回くらい続いた雨なし連勝記録にこだわるのをやめることにした。物事に執着し過ぎてもいけないからね。

というわけで、福岡の6病院が集まり、次期リーダーを育成する「5病院共同研修会」へ。

最初は5病院から始まったのだが、評判を聞きつけて、ひと病院増えたのだという。

研修を手がけるルネッサンス・アイズによるこのセミナー、多彩な講師陣が一年間(計5回)研修する。2年目の今年は、人間学やコーチングなどの学びの中に、ボクのディズニーでの失敗談も入った。テーマは、コミュニケーション。

医療現場にいる人たちは、コミュニケーション上手。ただ、クレームに対して厳しい見方をしていたり、教育の場面でなかなか想いが伝わらないと感じていたり、日々自分に厳しく接している。

コミュニケーション下手、内向的なボク(だから、物書きをしているのですよ)。立て板に水のように流れるように話ができないし、想いがあふれると、話し言葉は支離滅裂、そしてカミカミになる。

でも、あるとき、自分にオーケーを出したんです。これが自分で、そのままでいいのだと。

成長すること、努力することをやめたわけではありません。自分の能力と、他人とをくらべないようにして、自分の言葉で語るようにしたのです。内向的で、時にシニカルで、常にカミカミで。

すると、おもしろいことに、伝わるようになるんですね。伝わるというより、響くという表現が近いかもしれない。人が響く言葉をかけられるようになった。

そんな風に心のあり方と、聞くことを深めませんかとご提案する。

あっという間に、濃い3時間が過ぎた。
参加者も同じように感じていただけたのではないか。

懇親会場へ行くとき、エレベーターで宿屋大学の近藤寛和さんとバッタリ! ホテルを語らせたら、この人の右に出る人はいないと、尊敬している。

なかなかタイミングがあわず、2年近くお会いしていなかったのだけど、お互い、年に2、3回しか行かない福岡で、同じホテルに泊まっていて、エレベーターに乗り合わせるとは!

天は、おもしろいことを用意しておいてくれるものだ。

福岡は、民医連の新入職員研修会のように、いくつかの病院が集まっての研修会が多い。ライバルではなく、仲良し。これが、これからの病院のスタイルかもしれない。

所属病院を越えて、交換留学のように職員が行き来する日がくるかもしれない。そんなことを思った。

また、ゆっくり話をお聞かせくださいね。

どうぞ、「看護師、大好き!」と、笑顔で言えるように、自分らしく。
[PR]
by ikushun | 2014-10-23 11:42 | 趣味 | Comments(0)
f0081293_1026109.jpg

f0081293_10261012.jpg

f0081293_10261057.jpg

f0081293_10261153.jpg


福島県厚生連看護部会研修会へ。

第42回と、歴史を感じさせる会。今回のテーマは「輝き」。

震災以降、福島に入り活動している医師の坪倉正治先生、詩人で公立高校教諭の和合亮一先生と、同じ舞台に立つ。身に余る光栄。

福島県内の厚生連病院から160名が参加。幹事の病院は、鹿島厚生病院で、会場の郡山から一番遠い。朝の5時30分に病院を出発、会場準備にあたったそうだ。恐れ入ります。

厚生連のように、研修がしっかりしている病院は、対応がずば抜けて素晴らしいし、こちらが伝えることはないとも思う。でも、生き様を見ていただけるのは、ありがたいこと。

ノリの良さに、脱線ばかりしていたけど、質問もぱっと手が上がったりとうれしい時間。

会場には、素晴らしい花が。
もてなしたいと看護師からの発案で、生けてくださったという。季節はずれのひまわりではなく、復興の象徴としてのひまわり。こころに染みました。

運営スタッフと和合亮一先生とで記念撮影。

ますますのご活躍を。
感謝!



☆いくい しゅん☆
[PR]
by ikushun | 2014-10-22 10:26 | 趣味 | Comments(0)

山形県立鶴岡病院へ。

f0081293_2302144.jpg

f0081293_2302294.jpg

f0081293_2302224.jpg


ヒャッハー!

すっかり、秋から、冬へ。
そんな気がする東北。

おいしい庄内空港から、美味しいんだけどサービスが実におしいアル・ケッチャーノを経由して、山形県立鶴岡病院へ。アル・ケッチャーノがおしかった話は、お会いしたときにでも。

仕事終わりの医療安全研修、60人くらいが参加してくださる。職種は看護師に限らずさまざま。

ほめ上手な看護部長さんが、名刺からボクのことまで、すべて受け止めてくれる。冒頭の講師紹介が終わると、参加者は拍手で迎えてくれた。

研修、面倒だというアウェイな空気感はたくさん経験してきたけど、歓迎ムードなのは久しぶり。

そして、こころを専門とする病院なので、みんな聞き上手。来春には、新病院が完成し、こころの医療センターに名称変更となる。この築60年の建物とも、お別れ。そしてキックオフの期待を込めて、お話させていただく。

いつもだとディズニーの震災対応、九州新幹線の話をしたあたりで途中休憩をいれるのだけど、寝ている人が一人もいないので、そのまま通しで研修会終了。ものすごい集中力でした。

質疑応答も積極的に手が上がり、ほめる意味やポップコーンから見える対応、教えるときのコツなど、久しぶりにディズニーにいた頃の記憶が蘇ってうれしかった。

こころを支える人をねぎらいに行ったはずが、こちらがいやされて帰ってきた。さりげなさが素晴らしい、輝く組織をつくっているようだ。

雑誌の記事からの出逢い。
感謝しきれぬ時間。

今度は、新病院へおじゃましますね!

☆いくい しゅん☆
[PR]
by ikushun | 2014-10-17 23:00 | 趣味 | Comments(0)
f0081293_11414917.jpg

f0081293_11415016.jpg

f0081293_11415030.jpg

羽田空港のサマンサタバサ、4周年だそうで、マカロンをいただく。おめでとうございます。

続くのも、愛されているから。

ANA側に入るサマンサのスタッフは、情報共有が素晴らしく、ボクのことを認識している(らしい)。

きょうは、よく担当するスタッフが不在で、
「来店されたことを、お伝えしておきますね」
と一言添えてくださる。

特定のスタッフを追っているわけではなく、サマンサタバサのあいさつや笑顔、接客に学ぶことが多い。なによりも、気分があがる、感性が磨かれる。

旅に出る、仕事に向かうには、とてもいい流れ。スイーツではなく、そこにプラスされている価値をボク買う。

台風一過で深まる秋を感じながら、行ってきます!

どうぞ、佳き1日を!

☆いくい しゅん☆
[PR]
by ikushun | 2014-10-15 11:41 | 趣味 | Comments(0)

三鷹市へ。

f0081293_1046335.jpg

f0081293_10463383.jpg

f0081293_10463341.jpg

台風一過、秋が一段と深まった。

少し間があいてしまったが、三鷹市の消費生活講座へ。5年連続でお招きくださるのも、感慨深い。

参加者との距離が近いので、いつも新ネタを用意し、ここでしか話さないことを織り交ぜながら、場の空気に合った内容を伝える。

伝えると言ってもボクがなにかすごいものをもっているのではなく、参加者自身の人生そのものが美しい。そこに、いい空気感のヒントが眠っている。

世界で活躍された方、ディズニーを支えていた方が、何事もなかったかのように、参加者として隣に座っている。相手に興味を持つと、自分の世界が広がる。

ありがたい時間。
原点回帰。

☆いくい しゅん☆
[PR]
by ikushun | 2014-10-15 10:46 | 趣味 | Comments(0)

著書『高校生でもプロ意識が生まれる ディズニーランド 3つの教育コンセプト』『本当にあった ホテルの素敵なサービス物語』ほか。連絡先:ikuishun@gmail.com


by ikushun