生井俊の目線。

ikui.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

f0081293_22563181.jpg


晩秋というか、初冬というか。信州・松本へ。
松本の朝が早く、前泊で移動した。

f0081293_22563118.jpg

春先、松本での講演を聞いてくださった方が、若手看護師にも話を聞かせたいと、推薦してくださった。こうやってつながっていくことが、一番うれしい。

f0081293_22563164.jpg

この日は、研修のあと、スポーツレクもあるという、ユニークな一日。看護師たちは、つかの間の休息(といっても研修)を楽しんだだろうか。

民医連は、福岡県でも呼んでくださり、ここでも新入職員の研修を担当している。

明るく元気な彼女らのエネルギー。このまっすぐさを大切にして、魅力ある職場であってほしいと願う。
その輝きが、次の世代につながっていく。

また、お声がけくださいね!
[PR]
by ikushun | 2015-01-20 22:56 | 仕事 | Comments(0)
「清く 明るく 正しく 強く」

f0081293_22432492.jpg

秋晴れの一日、素晴らしい校訓のある掛川東高校を訪問。
f0081293_01294139.jpg

真新しい校舎と、全国的にも珍しい女性校長の土井先生たちが、出迎えてくれた。

生徒600人に、「真剣勝負をしよう」と呼びかけ、全力で魂を込めた言葉を投げ込む。

彼らも、一生懸命食らいついてくれた。どこか困った時に、花開く言葉であったらうれしい。

終了後、3年生ふたりからメールが届いた。感動して、すぐ行動に移せるのはさすがだと思う。
おとなになると、そうはいかない。なぜなら、素直になれないから。

また、思う。
メールも、1度は送れる。
2度、3度となると、なかなかできないこと。

だから、いつでも、何度でも、メール待ってますと、伝えることにしている。

講演したら終わりではなく、そこから始まる。そこを伝えたいのだと思う。

高校生たちの、さらなる輝きを祈って。
また、人生の途中で、お会いしましょう!
[PR]
by ikushun | 2015-01-20 22:43 | 仕事 | Comments(0)
f0081293_20544836.jpg

昨年に引き続き、大阪府看護連盟から招かれ、府南支部の講演会へ。

f0081293_20544873.jpg


会場のPL病院は、広大な敷地の中にあり、環境もスタッフも素晴らしい。そこへ、大阪府内の病院から多くの看護師が駆けつけてくれた。

さすが大阪、ノリがよく、ついつい脱線が多くなる。それでも楽しんでくれるから、ディズニーの話をしにいったのか、よくわからなくなる。
f0081293_01342267.jpg


運営メンバーにも恵まれ、ありがたい時間をいただく。PL病院の看護部長・津田さんがずっとコンタクトを撮り続けてくれたのも、心強かった。

一番ねぎらわれてもいい人が、ねぎらい上手だったりするんだな。

[PR]
by ikushun | 2015-01-19 22:22 | 仕事 | Comments(0)
f0081293_20432685.jpg

f0081293_20432745.jpg


すっかり年も新しくなったが、昨年の講演から。

文房具メーカーのプラスが、赤坂に「+PLUS」というショールームを開いている。

そこで開催している赤坂コミュニティカレッジからのご縁で、ガラージストアのグランドオープン記念講演にお招きいただく。

いつもの病院、看護現場の研修と違い、企業となるとアウェー感たっぷり。でも、そんな場でも空気をつくるのは、話し手の役割。そうやって、場のチカラを信じ切る。

終われば、みんなにこやかに帰って行く。伝える側も、学び多く、磨かれる時間。
アウェーは、自分のこころがつくっている。そして、ホームは、いつでもつくれる。

[PR]
by ikushun | 2015-01-19 22:10 | 仕事 | Comments(0)
f0081293_0382999.jpg

f0081293_0382957.jpg


松の内も過ぎてしまい、今さらのあいさつではありますが、すっかり明けましておめでとうございます。

本年も、看護現場を中心とした講演活動、書籍の執筆、そして教育現場の人材育成を通して、人と人とをつなぐこと、あたたかな場づくりをしてまいります。

年始のごあいさつが出遅れたのは、年末にまさかのインフルエンザA型にかかり、高熱と頭痛と吐き気を久しぶりに、しっかりと味わったためでした。

高知滞在中だったため、高知いちょう医院の高橋亜佐子院長先生には大変お世話になりました。また、点滴などの処置をしてくださった看護師のみなさんにも御礼申し上げます。

ふらふらになりながら病院にいきますと、いろんなことに気づかされます。

熱があったり、頭痛がひどいときには、病院というのは愛でできているのだなと思ったりします。

一方で、元気すぎるスタッフの声が頭に響いたりして、明るさは良い面と悪い面とがあるのだと気づく。

さて、お年玉がわりになるかわかりませんが、いつも定額でお受けしている講演・研修について、先着3病院について、貴院規定の講演料(+交通費)でお受けしたいと思います。

わがままで恐縮ですが、
(1)2月、3月に行われる看護部主催の講演・研修であること。
(2)テーマはディズニーのおもてなし(接遇)か、震災対応(医療安全)。
(3)時間は90分以内
(4)参加者が80人を越えないこと。

よろしくご検討ください。

それでは、本年もよろしくお願いいたします。

 生井 俊 拝
[PR]
by ikushun | 2015-01-15 00:38 | 仕事 | Comments(0)

著書『高校生でもプロ意識が生まれる ディズニーランド 3つの教育コンセプト』『本当にあった ホテルの素敵なサービス物語』ほか。連絡先:ikuishun@gmail.com


by ikushun