生井俊の目線。

ikui.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

光回線(FTTH)で、NTT東日本の「ひかり電話」(Bフレッツ)を使っている。
たまに、ファームウエアをバージョンアップする必要があり。
そのやり方を毎回忘れてしまうので、リマインダとして記す。

受話器を持ち上げたときに、
いつもの「ツー」(「プー」)という音の前に、
「ピーピーピーピー」(「プープープープー」)と高めの音が4回聞こえる場合。
→ファームウエアのバージョンアップが必要。

<解消方法(バージョンアップ方法)>
1、通話状態から「*」「*」「*」「1」「1」(***11)とプッシュ。
2、成功したら 「ププ」という音が(繰り返し)返ってくるので、そのまま電話を切る。
3、3分待つ。どうせなら、カップラーメンでも作ってみる。


※成功すれば「ピーピーピーピー」がならなくなる。
※バージョンアップ中(約3分間)は、ネットもつながらない。

ファームウエアとは、通信機器に入っているソフトウエアのこと。むかしの電話機と違って、障害対応(いわば製品不良、バグ)の修正や最新の機能をネットワーク経由で送信し、追加修正することができるため、このような対応<バージョンアップ>が必要になる。
[PR]
by ikushun | 2007-12-22 18:34 | IT
田園都市線との乗り入れや、急行運転が予定されている大井町線。
その中でも、急行との待ち合わせ駅になりそうな旗の台駅は、ずいぶん様変わりする。
f0081293_20245713.jpg

ようやく大井町線のフェンスがとれ、見通しがきくように。
池上線の、ロングベンチがあり、懐かしさを感じるホーム。
こちらも様変わりしそうで、それはそれで残念なのだ。
[PR]
by ikushun | 2007-12-20 20:24 | 趣味
f0081293_1812721.jpg

きょうの取材相手は、早稲田大学創造理工学部菅野重樹教授の研究室にいる、
TWENDY-ONE(トゥエンディーワン)。

介護ロボットのように思われているが、
ソフトウエアをのせかえることであらゆるシーンに対応する
「支援型ロボット」。

「プラットフォーム」と呼ばれるそれは、器用で、とても柔らかな手をしている。
研究リーダーの岩田浩康准教授もうっとりとするフォルムも見逃せない。

2015年、介護支援ロボットとして実用化したときの具体的なビジョンがしっかりとある。
ロボットの法規制はこれからだが、安全第一。あらゆる工夫が見られる。

ねえ、と、トゥエンディーワンに話しかける。
21世紀は、君たちが活躍するのかな?

トゥエンディーワンは答える。
菅野先生が言っているんだ。
僕らが前に出るのではなく、いかに共存共栄していくかが大事だと。

人の優しさよりも、ロボットがより温かみの増す世紀になるのかもしれない。
[PR]
by ikushun | 2007-12-19 18:01 | 仕事

ザ・ペニンシュラ東京

ペニンシュラ東京、初訪問。

f0081293_1032116.jpg

f0081293_1032154.jpg


どうもペニンシュラとは、相性があまり良くない。

朝9時50分頃の話。
ドアマンに
「お茶できますか?」
と聞く。

「ええ、ロビーにカフェがあります」

ロビーに入る。
ホテリエは多いが、誰も気に留めてくれるわけでなく。
仕方なく、朝食会場のような場所(たぶんカフェ)のスタッフに声をかける。

「お茶をしたいのですが」
「すみません。
 地下一階にカフェがありまして、ケーキなども充実していて、そちらはいかがでしょうか?」
「はい」
「(ニコニコ)」

すみません。このホテル、初めてなのですが。
吹き抜けと、確かに前にしか道はないけど、
エレベーターか階段の位置くらい教えてくれてもいいかな…。

感じはよく、丁寧なのだが、ドアマンの情報不足や、それぞれの連携不足が露呈する。

結局、誰からも声をかけられないので、フロント横の階段から地下一階へ。
カフェも、やっているのか、いないのか。
やる気のない感じだったので、お茶もせずに出る。

ペニンシュラデビューは、意味のない期待感と緊張感で終わった。
ただ、マンダリンオリエンタル東京のかしこまった感じとは違い、
アットホームな空気が流れていることはわかった。


f0081293_1032192.jpg


そして、近くでお茶をする。
つい帝国ホテルだと安心してしまうのは、日本人だからだろうか。
[PR]
by ikushun | 2007-12-18 10:32 | ホテル
仕事で忙しい時間に、日本生命(ニッセイ)から電話がかかってきた。
用件は、ニッセイと名乗った瞬間、すぐにわかった。

「いくい、しゅんさまでいらっしゃいますか。
 お客様の口座の件でおうかがいしたいことがありまして、
 1、2分、よろしいでしょうか」

きのう、ニッセイの口座から、現金を引き出したのだ。
保険口座に置いていたものを、いつもはネットで送金依頼をかけるのだが、
送金先に指定した銀行口座を閉じてしまったため、
今回初めて郵貯銀行のATMを使ったのだ。
手数料210円か。高いな、と感じたのを覚えている。

「本人確認として、生年月日をおうかがいしたいのですが」

はい?

「お取引にかかわることなので、生年月日をお聞きしたいのですが」

生年月日を聞いて、何するんですか?

「昨日、お客様の保険口座から現金の引き出しがありまして。
 初めてのご利用でしたので、
 それが第三者に不正利用されたものではないかご確認させていただくために、
 おうかがいしているものです」

不愉快です。ガチャ。

そうして、電話を切ったわけですが。

・銀行は、初めての利用に対して電話をかけるのだろうか?
・クレジットカード会社のキャッシングだったらどうなのだろう?

そんなことを思いつつ。

一方で、個人情報保護のためとはいえ、
・初回利用の事実確認に生年月日が必要なのだろうか?

その行為を確認するために生年月日を聞くと思うのに、
・生年月日を伝える前に、昨日の利用があったことを伝えてしまっていいのだろうか?
その辺に、対応の甘さを感じるわけです。

ちょっと個人情報や不正利用について過剰反応ではないかと思う。
そんなことは後日郵送物で確認をとれば、不愉快な思いをしなかったわけでして。

家に次いで人生で2番目に高い買い物といわれる生命保険。
そのサービスが過剰で、利用しづらいのは、残念。
[PR]
by ikushun | 2007-12-13 13:52 | 趣味
ヒルトップカシータ、初訪問。
ネットでも触れている人がいて知っていたのだが。
紅茶を頼んだボクにも、カシータ名物の「コーヒー」が運ばれてくる。
f0081293_9483552.jpg

イラストが描かれた水面、いや、コーヒー面を眺める。
そして自分を飲み干す。

泡を使って絵を描くこと、誰が思いついたのだろう?
そして今、こうやって器用に描く人たちがいて、びっくりしているんだろうなぁ。

ちなみに、似てます?
この日食べ料理について、後日写真をアップしたいと思いますが、
この日の会計は5人で10万円(税別)。
ご参考まで。
[PR]
by ikushun | 2007-12-11 09:48 | 感動
f0081293_17314098.jpg

沖縄に行っておみやげといえば、酒好きなら泡盛やオリオンビールかもしれない。

でも、定番のちんすこうも頑張っていて、塩の入ったものや、写真のようにチョコレートがけのものまで!

ファッションキャンディという会社が作っている
「ちんすこうチョコレート カカオ90%」が素晴らしい。
カカオのほろ苦さとちんすこうの甘さが絶妙。

会社のおみやげによさそう。

欠点はほかと比べ高いのと、妻は「味がガルボじゃない?」と口走ったこと。
相手が明治製菓のガルボフリークでないことを祈ろう。

うまいです。オススメ。
[PR]
by ikushun | 2007-12-02 17:31 | 趣味
f0081293_10291547.jpg

f0081293_10291552.jpg

f0081293_10291569.jpg

美ら海水族館へ行く前に、チサンリゾート沖縄 美ら海でランチ。

あいにくの天気だが、やはり沖縄北部の海は綺麗。
そして、チサンリゾートはかなり便利な場所に位置していて、団体客がご飯を食べていたのに軽く驚く。

ちなみに、「美ら海」は、「ちゅらうみ」と読む。
そして、かつての地産はソラーレにかわり、大地と太陽を意味するChisunとなった。

「本当にあったホテルの素敵なサービス物語」で、チサンホテル仙台のハードにがっかりしたと書いたのだが、経営母体が違うとずいぶんホテルもかわるのだと再認識。
[PR]
by ikushun | 2007-12-02 10:29 | ホテル

著書『高校生でもプロ意識が生まれる ディズニーランド 3つの教育コンセプト』『本当にあった ホテルの素敵なサービス物語』ほか。連絡先:ikuishun@gmail.com


by ikushun